ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


お金をもらうには、やはり努力が必要

2014年08月19日

ブログアフィリエイトで、収入を得ようとするなら、やはり人よりも努力が必要となるのは当然です。

特に、ブログを初めて書く人にとっては、記事を書く時間もばかになりません。1記事書くのに数時間かかってしまうこともあるでしょう。それが、一日の日課となり、自然にブログを書けるようになるには、慣れが必要です。

 

最初はブログを書くための時間を意識的に設ける必要があります。いつも見ているテレビの時間をブログに充てたりしなければならないかもしれません。しかし、そこはしっかり踏ん張りましょう。ただし、背伸びをする必要はありません。自分が書きたいことを書いていくことから始めます。ブログの記事を書くことが楽しい時間になるスタイルを探しましょう。逆に言えば、生活スタイルを変えることによって、苦も無くブログを書く生活が回るようになります。

 

無理をすると、結局長続きしません。続かなくては、その後の収入も得られないことになります。ブログを書く時間が生まれれば、そこに収入の種を植えることができるのです。

 

「ブログアフィリエイトをやってみよう!」と思ったら、まずは記事を書きましょう。そして、続けてみます。継続は力なり、です。

アフィリエイトをやっている人は、誰しも最初から稼げたわけではありません。みんな0円から、読者0人から始まっています。また、ブログを書いていたおかげで、様々な人と繋がりを持つことができ、そこからまた新しいことに発展していくかもしれません。

 

よほどの天才でなければ、努力なくして結果は得られません。ブログアフィリエイトも同じです。簡単に始められるから、簡単に稼げるわけではありません。入口が広いからと言って、出口も広いわけではないのです。

それでも、書くことを続けていれば、何かしら得るものがあるでしょう。それこそが、ブロガーとしての宝になります。

簡潔にまとまっているよりは、わかりやすい文章にする

2014年08月15日

簡潔に短い文章でまとめてある記事よりは、わかりやすい文章で書いたほうが、読者は増える傾向にあるようです。

まとまっている文章は、マニアや一部の読者にとっては必要十分な記事になるのですが、その他の多くの読者から見ると、「これは何だろう?」ということになります。

より広く、読者を得たいと思っているのであれば、長くなってもわかりやすい文章のほうが受け入れやすいでしょう。

 

自分のブログの読者のターゲットをどんな人々に設定するのか。

それによって、ブログの記事の書き方も変わってきます。

 

例えば、映画好きな人であれば、映画だけにテーマを絞って同じ監督を中心に展開したりすることもできます。

それはマニアックな話題、例えば監督の趣味の話だったりするかもしれません。映画1つにしても、感想を分かち合うような交流を持つブログに育てることもできるでしょう。

 

マニア向けにするのか、初心者向けにするのか。

それによって、提供する情報も変わってきますが、それは当たり前のことで、その情報によってまた人の輪が生まれるかもしれません。

 

ただし、ブログアフィリエイトの初心者である場合、専門性を高めた所謂「マニア」向けのブログはなかなか書きにくいこともあります。かといって「初心者」向けであっても、どこまで書けるのかわからずに立ち止まってしまう人もいます。

 

結局は、記事によって、マニア向け、初心者向けとバランスを取って記事を構築していく方が、書きやすいようです。

常に、わかりやすい、自分が何に反応したのか、どのように反応したのかがきちんと書いてあるブログは、読者が増えていく傾向にあります。

アフィリエイトをしない方が良いパターン

2014年08月12日

ブログアフィリエイトでやってしまいがちなパターンを挙げてみます。

 

(1)どっちつかずの記事

Aと言う商品に対して、絶賛する記事を書いたとします。その2~3日後には、Aと同じようなコンセプトのBという商品について、またしても絶賛する記事を書いたとしましょう。ブログの訪問客は、この2つの記事を読んで、「じゃあAとBはどちらが良いのか」というところが分からず、そのままUターンしてしまうのです。

どっちつかずの記事は、結局は何も生み出さずに終わってしまいます。自分がなぜその商品を紹介したいのかをきっちりと書きましょう。おすすめポイントは必ず必要です。

 

(2)ブログランキングに頼らない

ブログを書いていると、ついつい訪問客の数を気にしてブログランキングなどに参加、ユーザーを増やそうとしたくなります。

けれど、ブログアフィリエイトでいえば、ブログランキングはいらないのではないかと感じています。それよりは、SNSである、FacebookやTwitterなどでの人の繋がりを作ったほうがより良い結果を生むでしょう。

ランキングに載せるのであれば、自分でSNS上に宣伝するほうが間違いなく将来のためになります。

 

(3)自分が何を発信していくのかが決まっていない

テーマのないブログは、ブログアフィリエイトとしては良くないパターンです。

勿論、日々の日記に商品を絡めることはできますが、「このブログにはどんな時に来れば、情報を手に入れることができるのか」が分からない場合は、ファンを増やそうにもなかなかうまくいかないのです。

文章そのもののセンスがよく、読み手としても楽しく面白い記事が満載である場合もあります。日々の中から一定のテーマでもって書き進めているのであれば、十分に力を持つでしょう。

ブログを選ぶ、ということ

2014年08月08日

アフィリエイトを展開するには、ホームページを作成する方法と、ブログを利用する方法があります。

どちらも収入を得るということには変わりありませんが、比較的ブログの方が広告収入には有利と言ったところです。

 

ブログは記事を更新していくことで育つ媒体です。記事を積み重ねていく中で、自分のブログの「ファン」ができるというところが、信頼性を得るには十分な理由になります。

そのため、常に有益な情報を発信していくことが必要です。たまには息抜きの記事も良いと思いますが、それもまったく意味のないものだと、ファンは離れていってしまうかもしれません。

 

今では、あらゆるインターネット上のサイトに広告リンクが張ってあると言っても良いでしょう。大手のサイトから、個人的なものまで、広告はあちこちに貼ってあります。当然ですが、読む側にしても、広告のことを意識しています。

 

アフィリエイトをブログで展開するのであれば、まずはファンを作ることです。信用を得ることが大事です。同じ商品を買うにしても、そのブログが信用のおけるブログなのかどうかを訪問者は見極めようとします。そんなとき、ただ広告ばかりを貼っていたのでは、きっと嫌気がさして、訪問客は帰ってしまうでしょう。

 

ブログの記事では、情報に絡めて商品を紹介するのが基本的な形です。その商品のスペックや紹介がきちんと書いてあるブログなら信用してもらえる可能性が高いです。

 

最初はとにかく記事を書くことです。記事を書くにも経験が必要です。最初から上手に書ける人はあまりいません。自分がどのような記事を書くのかを訪問客に知ってもらう必要もあります。自分のブログをどのような方向性を持って運営していくのか。長い目でもって、先を見つめることが大事です。

ブログの収入要素

2014年08月07日

ブログで稼ぐとして、その収入源としては以下の3つが考えられます。

 

(1)GoogleAdsenseのような、クリックしてもらって報酬をもらう

(2)A8.net、バリューコマース、リンクシェアといった、商品を販売して報酬をもらう

(3)Amazon、楽天市場など、直接企業スポンサーと広告契約を結ぶ

 

これらは、商品の有益な情報を発信することによって、アフィリエイトリンクを踏んでもらう必要があります。

当然のことながら、「有益でない」情報を発信しても、その商品を購入する人はいません。「有益である」必要があります。

 

1,000円稼ぐにしても、通常の労働を考えれば、時給700~1000くらいとしても、1~2時間体を使って稼ぐ必要があります。企業によっては研修期間があり、その間は報酬も収入も少なくなります。そして、仕事を習得できなければ、容赦なく「クビ」が待っています。

 

ネットでビジネスを展開し、稼ぐにも同じことが言えます。

ブログアフィリエイトは、パソコンとインターネット環境、それに自分のブログがあれば、すぐに開始することができます。環境さえ整えてしまえば、あとは資金はほぼかからずに(レンタルサーバーなどを借りる場合は月額が発生します)すんでしまいます。

 

けれど、本当にそれだけで稼げるようになるでしょうか?

 

答えは「いいえ」です。ただ、アフィリエイトリンクを貼っただけでは、誰もリンクをクリックしてくれません。時々、思い出したようにクリックしてくれる人がいたとしても、その人が再度自分のブログにやってくる可能性は限りなくゼロに近いのです。

 

今は、ブログアフィリエイトを始める人はたくさんおり、そのためのノウハウも無料のものから数十万する有料の塾まで、様々な媒体で提供されています。それでも、そのスキルを身につけないかぎりは、ブログアフィリエイトで安定した収入を得ることは難しいのです。

 

インターネット上でもノウハウはたくさん公開されています。非常に優良なノウハウから、残念ながらあまり効果の期待できないノウハウもあったりするのですが、稼げるようになるまで、というのは「ノウハウを身につけるまで」ですが、そこまで頑張る気力がないのであれば、初めからブログアフィリエイトで稼ぐのは諦めた方が良さそうです。

 

また、アフィリエイトの特徴として、広告がクリックされ、報酬が確定し、実際に支払われるまでには数か月が必要です。始めて最初の月から現金収入があるわけではありません。そこのところを飲み込んで、じっくりと取り組むことが必要です。

商品選びは稼げるかどうかの分かれ道

2014年07月10日

自分の好きな商品、買いたい商品を並べて、セレクトショップのようにアフィリエイトサイトを作っている初心者アフィリエイターはたくさnいます。この「セレクトショップ」のようなサイトは、稼げないサイトの見本のように言われていますが、選ぶこと自体は問題ではありません。問題となるのは、選ぶときの目線の高さです。

 

1)商品選びで勝つ
大きく稼いでいるアフィリエイターたちのアフィリエイトサイトは、大きく分けて2つのタイプに分かれます。

ひとつは、多くの商品を紹介した大量のページを作成、たくさん集客して稼ぐタイプです。今からこのタイプを真似しようとしても、ページばかりが増えてしまい、稼ぐことができません。このタイプはアフィリエイト初期から活動しているアフィリエイターが多く、集客力もページ作成能力も非常に強力です。

もうひとつのタイプは、テーマを絞った商品選びをしてアフィリエイトサイトを作るタイプです。これは、ひとつのジャンル、もしくはひとつの商品に特化してアフィリエイトサイトを作成し、稼ぐ方法です。アフィリエイトサイトで使用できる広告のジャンルが増え、商品リンクというリンクが作成できるようになったことで出てきたタイプです。この場合、ひとつのジャンル、商品を深く掘り下げて紹介するのが特徴で、商品を選別する「目」が重要です。

 

2)商品選びの自分なりのルールを作り、信頼感を作る

商品を選ぶ際、その選ぶ条件、ルールのような、その人ならではの「こだわり」を持ってアフィリエイトサイトを作っていく必要があります。例えば、ハンカチ一枚でも、「この柄ならAさんだ」「この手触りはBさんだ」と言ったような明確に掘り下げた情報を持つことです。ここまでこだわって商品を選別している人は少ないのではないでしょうか。それゆえに、セレクトショップは難しいのです。

しかし、物販アフィリエイトを進めるのであれば、やはり商品を選ぶ必要があります。

そこで必要となってくるのは、「商品を選ぶときのルール作り」です。何を目的とするのか、客層は? 条件は? ただ安いだけで売れますか? 安いのであれば、その上に品質の確かさがなければ、そのアフィリエイトサイトは信頼感を失うでしょう。

訪問客が信頼感を持つように。これが、アフィリエイトの大事な財産です。

 

用心したい広告主をチェック

2014年07月08日

アフィリエイトの基本は、win to win。広告主もアフィリエイターも購入客も、みんなが幸せになれるようにと作られているシステムです。

ただ、中には自分だけが、と出来るだけアフィリエイターへの支払いを少なくする策を講じている広告主もいます。

 

1)成果にならない注文方法が目立っている

アフィリエイトサイトからせっかく訪問客を送り込んだのに、送り込んだ先の広告主のサイトでは、インターネットでの注文フォームよりも、申し込み電話番号を目立たせていることがあります。訪問客としては、やはり目立つ方へ流れることが多いですから、結局インターネットでの注文フォームは使わず、電話で注文した、となるでしょう。これではせっかくの訪問客がさっぱり成果に繋がりません。

 

2)政界にならない商品が多いショップ

広告主のショップの中には、成果に繋がる商品と、成果にならない商品が混在している場合があります。成果に繋がらない商品がすくなければまだしも、成果にならない商品ばかりが目立っているケースは最悪です。せっかく訪問客を送り込んでも、成果にならない商品ばかりが売れるのであれば、アフィリエイターにはさっぱり成果が上がらないことになります。

ジャンルによっては、このようなケースが多いこともあります。この場合、成果に結びつく商品へダイレクトにリンクする方法などを考える必要があるでしょう。

 

提携前に広告主のサイトや広告(画像、テキスト)をチェック

2014年07月07日

プログラムを選ぶときに、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)などから紹介されている条件画面だけ見て提携をしていませんか? それでは、せっかくのアフィリエイトが失敗に終わってしまう場合もあります。

提携を申し込む前に、必ず広告主のサイトや広告画像、広告テキストをチェックするべきです!

 

1)広告主のサイトはコンバージョン率を大きく左右する!

せっかく訪問客を多く導いても、なかなか買い物等の成果行動に繋げられない場合があります。コンバージョン率は1~3%が一般的ですが、適切な紹介文、適切な訪問客を送り込んでいる場合は、コンバージョン率はもっと上がります。逆に0.1%を割り込むようであるなら、広告主のサイトをチェックしてみる必要があります。

勿論、アフィリエイター側で訪問客をだましていない、適切な広告を行っている場合のは無しです。同じように紹介していて、広告主によってコンバージョン率が著しく変わる場合は、広告主のサイトに原因があるのかもしれません。

 

2)見たいページへの移動のしやすさが決めて!

サイトの良し悪しの話になると、初心者ほど「見た目の美しさ」=「デコレーションが盛りだくさん」と意識が向きます。しかし、アフィリエイトサイトにおいて一番重要なのは「すぐに見たい情報を見つけられか」と「見たいページに移動しやすいか」にあるのです。

例えば、ショッピングサイトであれば、ショッピングカートの位置。せっかく購買意欲の高いお客を送り込んでも、ショッピングカートが見つからない、ページが長すぎたり大きな写真ばかりがずらずら並ぶ、何度も何度もスクロールして、やっとショッピングカートにたどり着く、このようなサイトでは、コンバージョン率が一気に下がります。

また、商品によっては、サイズ違い、色違いなどが豊富にある場合もあり、この時の案内が適切でないと、これもコンバージョン率が極端に低くなります。

送料や支払い方法も、訪問客が知りたがる情報です。これらもすぐに見つかる位置にあることが必要です。「送料について」というページがあるのが一番良いです。「初めての人へ」と言ったページにあったりすると、「送料がわからない!」と訪問客が帰ってしまうことも増えてしまうでしょう。

また、どのページからでも、サイトトップに一発で戻れるリンクがあることもチェックしましょう。「何を扱っているサイトだろうか」と訪問客は一度はサイトトップへ行くことが多いからです。

 

3)サイトの目的、特徴、運営者が明確かは要チェック!

商品を購入するためのサイトであれば、販売目的であるサイトであることはすぐにわかります。ただ、そのショップの特徴がわかりにくいショップがあることも確かです。安さが売りなのか、厳選商品勝負なのか、など特徴をきちんと伝えているショップはコンバージョン率が上がります。

また、サイトの運営者の情報も重要です。大企業であるか、個人ショップなのかといった単純な情報から信頼感を得やすい人柄もわかるような情報があると信頼感が違います。

特に、初めての訪問者であればサイトの信頼性を見るのに、運営者の情報をチェックするために、ショップのサイトトップを見ることが多いのです。そこから基本的な情報が得られるページへのリンクがきちんと貼られているかどうか。ここはチェックをきちんとしましょう。

 

4)広告原稿の良し悪しもチェック!

基本的に、アフィリエイトは広告主が用意した広告原稿、つまりアフィリエイトリンクを使わなければいけません。多くのASPで提携前に広告は見られるようになっていますので、チェックすると良いでしょう。

チェックポイントのひとつは、広告原稿の種類の多さです。そして、商品を売るショップであれば、商品リンクが作れることもチェックポイントです。商品リンクとは、ひとつひとつの商品ページに直接飛べるリンクのことです。これは、現在では必要不可欠ですので、商品リンクが許可されているかもしっかりチェックしましょう。

 

ショッピングモールが成果を出しやすい理由とは

2014年07月04日

初心者の多数の人が成果を上げやすいショッピングモールと提携しています。一般的には初成果を上げるまでには数か月かかることもざらにあるのですが、ショッピングモールのアフィリエイトでは比較的早い時期(数日間の場合も)に初成果を上げるケースもあります。

ここでは、ショッピングモールが成果を出しやすい理由について挙げていきます。

 

1)秘密のひとつは商品点数と再訪問有効期間

一般的に広告主は1ショップで1プログラムです。ところが、ショッピングモールは、ショッピングモール全体で1プログラムとなります。

ショッピングモールの場合、そのショッピングモールに参加しているショップであれば、どこのショップに行って買い物をしたとしても、成果として認められます。ショップAのアフィリエイトリンクをクリックしたとして、ショップAでは買い物をせず、同じショッピングモールに参加しているショップBで買い物をしたとしても、成果として認められるのです。

そして、もし、再訪問有効期限がなかったとしたら、このような仕組みは滅多に活用されることもないのでしょうが、多くのショッピングモールにおいて、再訪問有効期間は1か月程度設けているため、可能となるのです。

この、商品数の多さと再訪問有効期間の組み合わせが、成果を出しやすい理由です。

この仕組みを使うことで、アクセサリーのアフィリエイトリンクをクリックしたが何も購入しなかった訪問客が、別の日にシューズを購入してそれが成果につながる、ということも起こるのです。

 

2)cookie

たくさんの商品を扱っている巨大市場を持つショッピングモールなどの場合、そのショッピングモールのお店であることを意識せずに買い物をすることも多くあります。ショッピングモールによっては「会員登録」していれば買い物ごとにポイントがつく特典があり、「ポイント10倍」などのキャンペーンで買い物をする人も少なくありません。

ショッピングモールなどの場合は、cookie さえ記録してもらえれば、かなりの確率で稼ぐことができます。

ただし、魅力がある反面、危険もあります。

リンク先を誤解させたりするアフィリエイターもいるためです。発見されれば厳しく処罰されますし、訴えられることもあります。また、訪問客としても「だまされた」と思えば二度と来ないでしょうし、ネットで悪評も広まります。単純に、ただ「踏ませればいい」とは考えない方が良いです。

 

3)初心者は有名な広告主と提携

一流企業や有名メーカーと、無名のショップとふたつを比べるとしたら、初心者の場合は迷わず一流企業や有名メーカーを選びましょう。

インターネットが普及して、ネットショッピングも一般的になってきましたが、やはり、実物を見られない、店員の話が聞けないことで不安を抱えている人も多いのです。

アフィリエイトサイトを運営するときには、まず必要なのは「信頼感」です。大手メーカーの出品であれば、自分自身も安心ですし、訪問客への信頼感を作ることができます。

 

狙い目は「無料」と「おためし」

2014年07月03日

アフィリエイトで稼ごうと思ったら、稼げるプログラムを選ぶことが重要です。ただし、一般的に「稼げるプログラム」であっても、すべての人にとって「稼げるプログラム」であるかと言うと、そうではありません。

 

多く稼げるプログラムと、簡単に稼ぎやすいプログラムは、似ているようですが同じではありません。
アフィリエイトが初めてならば、「コンバージョン率が高いもの」から始めるべきでしょう。中でも狙うのは「無料」「おためし」です。

 

1)初心者は成果を出しやすいもので成功体験をすること

試して失敗して、修正して成功して、そしてまた試して失敗して。
アフィリエイトはこれの繰り返しでコツをつかんでいきます。初心者の場合は、様々なことを試してはその結果が成果やアクセス数にどう影響したのかを確認し、また対応を考えて次へ進んできます。

ただ、最初から大穴狙いでは、なかなか成果が上がらず、何が良くて何が悪いのかがわからなくなってしまいます。

そこで、初心者は、たとえ利益が低くても、成果の出しやすいプログラムで、成功報酬を積むことが大切です。

 

2)「無料」からスタート!

「無料会員登録で、今なら豪華プレゼント!」などと言ったキャッチフレーズ、よく目にしませんか? 無料で何かもらえるなら…と気が惹かれる人も多いのではないでしょうか。「無料」という単語には、それだけの力があります。

そこで、アフィリエイトの成果を上げる実感として、狙うのは「無料」のものです。ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のプログラム検索で「無料」をキーワードにして、検索してみてください。

一番取り組みやすいのは、報酬が1件数十円から数百円程度の無料資料請求のようなプログラムです。

報酬単価が1,000円を超えるプログラムは、専門サイトでないと成果が上がりにくい場合もありますが、きちんと訪問客のターゲットを見据えたサイトを作成すれば、1サイトで月額数万円を超えるジャンルもたくさんあります。

 

3)「おためし」はお得なプログラム

ビジネスを展開していくのに最も重要な財産は「顧客リスト」だとも言われています。広告主がアフィリエイトを利用するのも、新しい顧客を連れてきてもらうことが狙いの一つとしてあります。

特に、優良な見込み客を連れてくる方法として「おためし」商品を販売が増えています。高額な化粧品を初めて購入するとしたら、やはりまずは「自分に合うかわからない」「試してみたい」と思うのではないでしょうか。そして、「おためし」を購入した顧客は、そのまま本製品を購入する可能性は高いでしょう。「おためし」とはいえ、お金を払って試供品をもらうのですから、本製品への期待はあるわけです。

化粧品や健康食品の「おためし商品購入」を成果とするプログラムは、報酬が高めのものが増えています。

成果を上げやすいものとして「おためし」プログラムは十分可能性があるでしょう。