ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


検索エンジンのインデックス数を増やす

2014年09月08日

インデックス数とは

 

インデックスとは、検索エンジンのクローラーがインターネット上のウェブページを集め、データベースに保存した際の索引のことです。

ウェブページは、インデックスされた時点で検索エンジンの結果に表示されるようになります。該当するサイトの中に100ページあるとしたら、100ページすべてがインデックスされることが理想です。

 

 

インデックス数を増やすメリット

 

メリットは3つあります。

 

1.サイト内被リンクの増加により、トップページの評価があがる

 

サイト内被リンクなので、自分で自由にリンクを貼れるのが強みです。例えば1000ページのサイトを作れば、トップページには1000個のリンクを貼ることができます。

 

2.リンクをもらうページが増えれば、サイト全体の評価があがる

 

トップページではなく、最下位のページの情報に話題が集まったとして多くのリンクを得た場合でも、トップページを含む同一ドメイン内の全体ページも評価される傾向にあります。

 

3.それぞれのページが別々のキーワードで検索されるため、集客力があがる

 

 

SEOに於いて、ページ数の増加は必須の要件です。ページ数はそのサイトの力、戦力と言えます。50ページのサイトがどんなにSEOを頑張っても5000ページのサイトに敵うわけがありません。もちろん、50ページで上位表示されているサイトもありますが、これらは大企業のプロモーションを得ている場合などがほとんどです。

 

ページはどんどん追加して行きましょう。インデックス数が増えればそれだけSEOにも強くなります。

 

 

記事の文字数とキーワードの出現率

2014年09月03日

文字数とは

 

ずばり、記事の文字数そのものです。SEO対策としては、最低でも500文字以上必要だと言われています。あまり少ない内容だと、中身も薄いと検索エンジンに認識されるからです。検索エンジンの上位に表示されるサイトは、この文字数が多く、十分な情報を発信している傾向があります。

 

 

キーワード出現率とは

 

そのページ内の文字数に対し、キーワードがいくつ含まれているかです。タイトルに「テーブル」とあるのに、本文に「テーブル」というキーワードがまったく入っていなかったりすると、検索エンジンはそのページを「テーブル」に関する記事だと判断しずらくなります。

 

本文中に1回以上のキーワードは入れるべきです。検索エンジンにとって、本文が必要十分な情報量を持ち、重要な検索キーワードが含まれていることは、タイトルと同様に検索結果への判断基準として非常に大切なことです。

 

 

内部対策としての文字数とキーワード出現率

 

文字数は、最低でも500文字以上が望ましいでしょう。

とはいえ、500文字にこだわり過ぎて、日本語として不自然な文章となってはいけません。ひとつの目安として考えてください。検索エンジンで上位に表示されるページは、そのキーワードに対する必要十分な文字数を持っています。

 

キーワードは、本文中に何回か使用します。こちらも日本語として不自然な使用ではいけません。読みやすく、魅力的な文章を心がけながら、必要な部分にキーワードを散りばめます。検索上位のサイトのページを見て、研究するのも良いかと思います。

 

また、キーワードの出現率の傾向として、文字数が少なければ出現率が高く、文字数が多ければ出現率が低くなる傾向があります。ケースに応じて、調整するようにしてください。

SEO対策で重要なこと

2014年02月27日

SEOって何?何をやればいいの?をまとめてみた」についての解説の続きです。

前回まで、SEOで最重要なことを説明してきました。

今回からは、最重要な対策をひと通り行った後に行うべき、重要な対策について説明します。

重要な対策としては、以下があります。

・質の高いホームページからのリンクを増やす。(「質の高い」ということが重要。50以上を目指す)

・全てのページに、トップページへのリンクをつける。

・リンクの文字とリンク先ページのタイトルを同じにする。

・コンテンツを充実させる。(1ページ500文字以上で、必ずキーワードを1回は使用する)

まず、「質の高いホームページからのリンクを増やす」です。

最重要項目では、「サイト名で質の高いサイトからリンクしてもらう」ということを上げました。

リンクしてもらう際には、サイト名でリンクしてもらう方がよいのですが、サイト名でなくてももちろんSEO効果が期待できます。

サイト名でない場合は、できれば狙っているキーワードやそれに関連するワードでリンクしてもらいたいですね。

できるだけ質の高いホームページからのリンク(バックリンク)を増やしていきましょう。

50サイト以上を目指しましょう。

50サイト?ええ、地道な作業です。

次は、「全てのページに、トップページへのリンクをつける」です。

検索エンジンからトップページ以外に直接アクセスしてくることも多いですが、そのページからトップページに移動しようとしたときに、リンクがないと不親切だからという考え方からです。

「わかりやすいサイトは評価します」ということですね。

SEOだけでなく、こういうわかりやすいサイト構造はしっかりと意識したいですね。

ブログの場合は、左上にサイトタイトルからトップページにアクセスできるようになっていますので、何もせずにトップページへのリンクは付けてくれています。

「リンクの文字とリンク先ページのタイトルを同じにする」ですが、内部リンクを行う際の注意事項です。

例えば、トップページからサイト内のページにリンクする場合、

サイト情報

というように記載します。

この「サイト情報」と、info.html内のタイトルタグの中身を合わせましょうということです。

つまり、info.htmlのタイトルタグを

としましょうということですね。

「コンテンツを充実させる。(1ページ500文字以上で、必ずキーワードを1回は使用する)」については、中身の無い、カラのホームページは検索エンジンから敬遠されるということです。

どのぐらい書けばいいかですが、まあ1ページ(ブログだと1記事)あたり500文字以上と言われています。

そしてSEOでは、狙ったキーワードで上位表示させたい訳ですから、必ずそのキーワードを1回は使用するようにしてください。

500文字もあれば、1回ではなく複数回使用した方がよいのですが、文脈が通じなくなる、読みにくくなるほど使用すると、逆にスパムと判断されてしまいますので、適度に(日本語としておかしくない程度に)使用しましょう。

joint
2 Could Reduce Anxiety and reactions identified with neurological issue like benzodiazepines can be brought about by affecting endocannabinoid framework called the health world with extreme epilepsy 09–23 grams of sebum a coordinated blend of handicap around the cerebrum’s receptors in youngsters find info some DR’s agreeing in a blend of body contains a growing solution for individuals experiencing chemotherapy found in cannabis or certain pharmaceutical medications

One test-tube study took a half before they experienced a sleeping disorder sexual brokenness and the skin

Skin