ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


サイトデザインはユーザビリティが一番重要

2014年07月23日

サイトデザインと聞くと、初心者はついつい画像などを使って華やかで、綺麗なサイトを作ろうとします。

勿論、綺麗で読みやすければ良いのですが、デザインばかりに気を取られると、綺麗なだけでとても読みにくいサイトが出来上がってしまうことも多くあります。

アフィリエイトブログで必要なサイトデザインは、何をおいても「訪問客にとって見やすく、わかりやすい」ことが一番大事です。ある程度綺麗なデザインがあれば、あとはおしゃれであったり、かっこよかったりといろいろ手を加えても、それほど売り上げには関係ない場合がほとんどです。

デザインで勝負するのではなく、中身で勝負するのだ、ということを忘れないようにしましょう。

 

1)3秒ルール

インターネットの世界では「3秒ルール」というルールがあります。

ページを開いて、3秒以内にそのサイトが何を扱っているサイトで、訪問客にとって何が有益なのかがわからなければ、訪問客は出ていってしまう、というものです。

そのため、各ページにはサイドバーなどにメニューを設けて、何がそのサイトにはあるのかを明記しておき、1クリックで飛べるようにしておくべきです。

 

2)レイアウトは統一する

訪問客を迷わせないためには、サイト内のデザインを統一しておくことが大事です。

メニューの位置が、あるページでは左、あるページでは右、とそれぞれで変わってしまうと、訪問客はいちいちメニューを探さなければなりません。

そのため、デザインを決めたら、すべてのページでデザインを統一することが訪問客に対して親切でわかりやすいサイトとなります。

 

3)読みにくいデザインは問題外、白地に黒文字が基本

デザイン的に、様々な色が使いたいと思っても、アフィリエイトサイトの場合は、綺麗なだけでは売れません。情報をしっかり伝えてこそ成果にもつながります。

そのためには、白地に黒文字。これが基本です。

柄の背景に文字を載せているサイトもありますが、趣味であるならともかく、ビジネスとしてアフィリエイトを行うのであれば、読みにくい時点で訪問客は回れ右をして帰ってしまうでしょう。

また、インターネットを閲覧するブラウザによっても、サイトの見え方は違います。また、パソコンの設定でコントラストを変更している人もいるでしょう。そのため微妙な色使いをしてはいけません。

アフィリエイトブログの場合、背景は白か、それに違いパステル色。文字色は黒、またはそれに違い濃い色にするのが基本です。コントラストをはっきりさせることが重要です。

 

4)英語より日本語を使う

日本語よりも英語の方が、なんとなくかっこいい、と思っていませんか?

そのため、メニューやリンクを英語で書いているサイトが多くあります。

英語のメニューは、かっこいいかもしれませんが、「わかりやすい」わけではありません。少なくとも、日本人にあててアフィリエイトをするのであれば、直感的にわかる「日本語」のメニューやリンクにするべきです。

「かっこいい」サイトよりも「わかりやすい」サイトの方が、訪問客を引き留めることができるでしょう。

 

5)背景画像には注意する

ついつい綺麗な背景画像を使って、綺麗な画像のメニューを作って…と初心者はデコレーションしてしまいがちですが、実際に使ってみると、思っている以上に商品を埋もれさせていることがあります。

特に、商品画像を載せるのであれば、背景画像があると商品写真が埋もれてしまいます。

余計な背景はいりません。商品に目を止めさせるためにも、邪魔になる画像は取っておきましょう。

テーマを分離して複数ブログを運営する

2014年07月22日

複数のアフィリエイトブログを作る理由は、役割分担やリスクの分散です。

ひとつのブログが稼げなくなったとしても、他のブログまですべてダメになるということはほとんどありません。

安定した収益を上げるために、複数ブログを上手に使うことが必要です。

 

1)ブログは小さいテーマで1ブログにし、はみ出す情報は他のブログへ

ジャンルを絞っていくと、それだけでは不安になり、せっかく絞ったテーマを大きく変えてしまいがちです。絞りすぎて失敗しているのは、たいていがターゲットの絞り込みができていない場合が多いです。

絞り込んだジャンルからはみ出すものを扱いたくなった場合は、別ブログを立ち上げましょう。ターゲットを広げたり、テーマを広げたりしても、ほとんどが失敗に終わります。

 

2)分担させたブログを集めて大きなブログを作る

例えばゲームを扱うブログだった場合、ゲームは機種によっても分類されますし、ジャンルによっても分類することができます。この場合、ジャンルごと、もしくはゲーム機種ごとに別々の小さなブログを作成します。

その上で、小さなブログ同士を相互リンクし、その上で、大きなテーマ「ゲーム」を取り扱った大ブログを作成すると良いでしょう。

ゲームの情報、レビューなどを扱ったブログなども含めて、集客、販売の役割分担を明確にすると、それらどちらも効果が高くなります。

訪問客を逃がさないサイト構造

2014年07月18日

訪問客は、必要な情報を求めてサイトに訪れます。情報がなければ、当然のことながら訪問客はすぐに帰ってしまいます。

検索エンジンから飛んできたページにその情報がなかったとしても、期待する情報が別のページに掲載されていた場合、うまく訪問客をそのページまで誘導できれば、成果に繋がりやすくなります。

アフィリエイトサイトの場合、訪問客に、必要な情報を与えて、納得した上で広告主のサイトへ送り込むことで成果に繋がります。そのためにも、サイトの構造はとても重要です。

 

1)情報は₃階層まで

目的の情報を得られるページまでのクリック数は少なければ少ないだけ滞在時間が増えていきます。そのため、情報は3階層くらいまでにしておくのがベターです。多くても4階層までにしておくべきでしょう。

ある商品を扱うのに、例えば「トップページ」→「ブランド名」→「商品」としておき、メニューに載せておけば、異なるブランドを探すときにも2クリックで目的のものまでたどり着けます。

このように、情報を階層に分けて整理しておくことが必要です。

 

2)1ページに情報を詰め込みすぎない

商品を紹介するのであれば、基本的に、1ページ1商品を心がけましょう。テーブル構成でいくつもの商品を並べているページを見ますが、商品画像が多くなれば多くなるほど、ページは重くなりますし、そのページのテーマがぼやけていきます。

1ページ1商品で、いくつもの情報を載せる場合として、色違いなどが考えられます。型番違いなどは別商品としてページを作ったほうが良いでしょう。

 

3)ブログはカテゴリーを活用する

ブログは、カテゴリーが階層を整理するための重要なメニューになります。複数のカテゴリを使えるブログで、わかりやすい階層構造にすることが大事です。

カテゴリが1階層しか使えない場合は、情報の方を分けます。別の関連するブログを作成することで、情報への道筋をわかりやすくすることができます。

サイト名はテーマを絞ってお客をがっちりつかむ名前に

2014年07月17日

狙うターゲット(お客)とテーマを決めたら、その狙うターゲットに向けてテーマを絞ったサイトを作ります。

その際には、まずサイト名をじっくり考えましょう。サイト名があやふやだと、ターゲットは素通りしてしまいます。

 

1)下位ページに来た訪問客もトップページに来る

検索エンジンが進歩するについて、検索結果もトップページだけでなく、下位ページを直接表示することも多くなりました。訪問客もアフィリエイトサイトの下位ページに当たる商品ページに直接たどり着くことになり、以前ほどトップページの重要度は下がってきています。

しかし、下位ページが重要視されるようになった現在でも、トップページのアクセス数はそれほど下がっていません。それは、下位ページにたどり着いた訪問客であっても、このサイトは何を扱っているサイトなのか、という情報を求めて、トップページにアクセスすることが多いからです。

それだけに、サイト名は重要な役割を果たしています。

 

2)サイト名は単刀直入に表現する

サイト名を決めるときには、テーマに関するキーワードを絡めながら、できるだけストレートに表現することが大切です。

「●●のセレクトショップ」では、何がメインなのか、何の情報があるのかがさっぱりわかりません。「猫砂の種類&通販ガイド」であれば、そのサイトが「猫砂」を扱っているサイトだとすぐにわかります。

サイト名を見ただけでそのサイトのテーマがわかれば、訪問客は自分の求める情報がそのサイトにあるのかどうかがすぐにわかります。

ここで、サイト名から求める情報があると判断すれば、訪問客はそのサイトでの滞在する時間が長くなります。長くなればそれだけ、成果に繋がりやすくなるのです。

稼げない商品を稼ぐために役立てる

2014年07月16日

報酬が少なかったりして稼ぐことができない商品も、アフィリエイトサイトの信頼性を高めるために利用できます。

例えば、パソコンなどでは、メーカー直販よりも、ネットショップの方が安く、お得にてに入れられるため、ネットショップを選ぶ人が増えています。しかし、「メーカー直販」という信頼性をつかむことができます。

 

また、同じ商品でも複数置くことで、訪問客に「選ばせる」ことができます。商品が1種類しかない場合と、数種類ある場合では、選べる範囲が広いところから選んだ方が、購入意欲に繋がります。

 

有名メーカーの商品は、それだけ信頼感があるのです。

一緒に並べるマイナー商品に対しても、不信感を和らげる効果が期待されます。

これから売れる商品を探す

2014年07月15日

既に他のアフィリエイトサイトが手がけている商品を売るとなると、なかなか利益は上がってきません。

やはり、情報をしっかり集めて、人より先に売れる商品を見つけるほうが、より稼ぎやすいと言えます。

 

1)見本市を使ってみる

今は、様々な業界で「見本市」が開かれています。

それらを活用して、情報を集めることもできます。業界向けのものもありますが、無料で入場できるところもあります。

 

2)アフィリエイト向け見本市に行く

最近では、アフィリエイト向けの見本市が増えています。主催者はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)や、アフィリエイト運営代行会社など、様々です。

アフィリエイトはひとつのビジネスですので、これらの見本市は非常に役に立ちます。

サンプル品をもらったり、サービスを体験できたりと、有益なものが多いです。写真撮影も自由であることがほとんどなので、カメラもしっかり持っていきましょう。

 

3)レビューブログ、レビューサイトを専門に紹介するサイトなどが、広告主との間に立って見本市や体験会を開くこともあります。実際に商品に触れたりできるので、メーカーやショップと直接情報を聴くことができる機会になります。

写真もしっかり撮りましょう。

 

4)テレビや雑誌を活用する

テレビや雑誌で取り上げられた商品は、一気に利益があがることが多いので、人気情報番組や各種雑誌をチェックしている人は多くいます。ただ、見てから対応するページを作ってもすでに遅いのです。翌週、翌月の予告を見て下準備をしておきましょう。そして、当日は放映中からどんどんページを作っていきます。

この場合、ブログアフィリエイトだと、ページ作成が速いので、よりタイミングを合わせて更新していけます。

ただし、これらの商品、サービスの場合は、一気に売れる反面、競合サイトも多いため、瞬間的な利益で終わってしまうことが多くあるのも事実です。長期的に売り出していくには、やはり見本市などで業界の流れを掴んだ方が良いといえるでしょう。

 

5)メールマガジンを活用

各広告主は、提携しているアフィリエイトサイト向けに、様々な情報をメールで送ってきてくれることがあります。これからの売れ筋商品、イベント、キャンペーンのランディングページのお知らせなど、重要な情報が詰まっているので、広告主からのメールマガジンはぜひ購読しておくべきでしょう。

売れ筋商品のランキングをメールしてくれるショップもあります。また、ショッピングモールからもランキング情報を配信していることが多いです。

アフィリエイトが売りやすい商品

2014年07月14日

アフィリエイトサイトは、単純にネットショップと同じことをしていては、稼ぐことができません。ネットショップが提供できない情報を提供することが大事です。
つまり、ネットショップで売れる商品だからといって、それがイコールアフィリエイトサイトで売れる商品だとは限りません。

 

1)情報が必要、かつ、検索で探される商品

アフィリエイトサイトの集客は検索エンジンに頼る部分が大きいです。そのため、検索されるジャンルの商品を扱うことが重要になってきます。とは言え、ただ、検索の需要があるだけでは、検索結果の前後にメーカーサイトがあったときに訪問客はメーカーサイトへ行ってしまうことも多いでしょう。訪問客がアフィリエイトサイトに来る理由は、オリジナル情報や便利なサービスを求めているからです。価格やスペック、利用者の声などが必要となるでしょう。

実際に利用した感想、実体験などの口コミ、レビューなどを求められる化粧品や家具、または本の感想など、生の声が求められる商品は売りやすい商品と言えます。

 

2)一部の人に価値のある商品

マニアックな商品はなかなか売りづらいものですが、マニアが求める商品が実店舗で買えず、ネットでしか手に入れる方法がないとすれば、アフィリエイトの対象になります。それらは大きく稼ぐチャンスとも言えます。

マニア垂涎のキーワードを散りばめ、彼らが求める商品を載せたアフィリエイトサイトを作り、求められる商品を紹介しましょう。

このような商品は、ネットで検索されることが多いため、アフィリエイトに向いた商品です。

 

ネットで売れる商品

2014年07月11日

アフィリエイトは、ネット上d売っている商品を扱うシステムです。稼ぐためにはネットで売れる商品を選ぶ必要があります。ネットで売れない商品、つまり普通に近所のお店で買えてしまうようなものは、売れない可能背が高くなります。

 

1)もっとも売れる商品は、秘密に買いたい商品

ネット上では、店員と顔を合わせることなく、商品を購入することができます。そこで、購入したことを他人に知られたくない商品がよく売れるのです。
特に、悩み系の商品は、秘密に買いたい商品の代表的なものです。ワキガ、薄毛などは、その対策商品を買いたいと思っても、店員の目が気になったりして、実店舗では買いにくいこともあります。その場合、ネットショップは店員の目線はありませんから、普通に買うことができる、つまり売れるというわけです。

下着なども秘密に買いたいものに入るかもしれません。このような「店員と顔を合わせたくない」商品を見つければ、アフィリエイトサイトとしてはかなり稼げることになります。

 

3)広告主が無名であっても売れるニッチな商品

ニッチで、需要がありながら、他のショップにはない商品は、広告主が無名であったとしても売れていきます。アフィリエイトを行うにおいて、これが一番おいしい商品なのです。

お悩み系商品は、ニッチな商品が数多くあります。この隠れているニーズを見つけ出して、キーワード設定をした上でアフィリエイトサイトを作成すれば、大きく稼ぐことも可能となります。

 

4)商品名やスペック(機能)で売れる商品

現在、パソコンがネット上でよく売れています。これは、パソコンは手に持ってみなくても商品を買うことができる商品だからです。パソコンの重要選択肢はスペックですので、実際に見なくても抵抗がないからです。

また、有名ブランドのバッグやアクセサリーなどもネット上でよく売れる商品です。

テレビで紹介された商品や、雑誌に載った商品などもタイミングよく売り出せば、売りやすい商品です。

ネットでは、商品名やスペックだけで買うことに抵抗がない商品がよく売れるのです。

 

商品選びは稼げるかどうかの分かれ道

2014年07月10日

自分の好きな商品、買いたい商品を並べて、セレクトショップのようにアフィリエイトサイトを作っている初心者アフィリエイターはたくさnいます。この「セレクトショップ」のようなサイトは、稼げないサイトの見本のように言われていますが、選ぶこと自体は問題ではありません。問題となるのは、選ぶときの目線の高さです。

 

1)商品選びで勝つ
大きく稼いでいるアフィリエイターたちのアフィリエイトサイトは、大きく分けて2つのタイプに分かれます。

ひとつは、多くの商品を紹介した大量のページを作成、たくさん集客して稼ぐタイプです。今からこのタイプを真似しようとしても、ページばかりが増えてしまい、稼ぐことができません。このタイプはアフィリエイト初期から活動しているアフィリエイターが多く、集客力もページ作成能力も非常に強力です。

もうひとつのタイプは、テーマを絞った商品選びをしてアフィリエイトサイトを作るタイプです。これは、ひとつのジャンル、もしくはひとつの商品に特化してアフィリエイトサイトを作成し、稼ぐ方法です。アフィリエイトサイトで使用できる広告のジャンルが増え、商品リンクというリンクが作成できるようになったことで出てきたタイプです。この場合、ひとつのジャンル、商品を深く掘り下げて紹介するのが特徴で、商品を選別する「目」が重要です。

 

2)商品選びの自分なりのルールを作り、信頼感を作る

商品を選ぶ際、その選ぶ条件、ルールのような、その人ならではの「こだわり」を持ってアフィリエイトサイトを作っていく必要があります。例えば、ハンカチ一枚でも、「この柄ならAさんだ」「この手触りはBさんだ」と言ったような明確に掘り下げた情報を持つことです。ここまでこだわって商品を選別している人は少ないのではないでしょうか。それゆえに、セレクトショップは難しいのです。

しかし、物販アフィリエイトを進めるのであれば、やはり商品を選ぶ必要があります。

そこで必要となってくるのは、「商品を選ぶときのルール作り」です。何を目的とするのか、客層は? 条件は? ただ安いだけで売れますか? 安いのであれば、その上に品質の確かさがなければ、そのアフィリエイトサイトは信頼感を失うでしょう。

訪問客が信頼感を持つように。これが、アフィリエイトの大事な財産です。

 

提携後に詳細チェック

2014年07月09日

実際にプログラム提携を結んだ後にわかる詳細情報もあります。提携したら、再度情報をチェックしましょう。

アフィリエイトリンクを貼った後も、そのリンクの場所が適切かどうか確認します。自分のサイトとは方向性が違ったり対象でなかったりした場合などは、リンクを外すか位置を変え、稼げるプログラムはより良い位置に移します。

 

1)リンク先のページをチェック!

商品リンクの場合は、リンク先をアフィリエイターが商品い直接リンクするように決められるので良いのですが、その他のアフィリエイトリンクは、広告主が決めたページにリンクしています。普通は、広告主がきちんとアフィリエイト用のページやランディングページを用意して、広告をクリックしてきた訪問客の行動に合わせた内容にしています。それとは反対に、リンク先のページ内容が不適切で、成果がまるで上がらないケースも少なくありません。

無料登録が成果の場合には、登録のためのフォームページがリンク先になっているケースが多いですが、そのページを見て登録する気になれるかどうか、調べてみることが大切です。登録するとどんな特典があるのかなどがそのページ内ですぐにわかり、すぐ記入できるページになっていることが理想です。

 

2)プログラム利用後も、時々チェック!

プログラム提携し、自分のサイトにアフィリエイトリンクを貼った後も、時々チェックが必要です。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)から見られるレポートからクリック率やコンバージョン率などを見て、時には提携を再検討する必要もあります。小さなショップなどでは、いつの間にか方向性が変わっている場合があります。コーヒー店が紅茶専門店に変わっている、などと言うこともあるでしょう。登録をするプログラムなどの場合は、リンク先のページを時々チェックしたいものです。