ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


文字リンクと画像リンク

2014年05月08日

記事の中にリンクを貼るときには、文字リンクと画像(写真)リンクがあります。

 

画像(写真)リンクは、主に商品リンク等のタイプです。直接、商品(サービス)にリンクするので、記事自体も商品ディスプレイのような様子になります。

とは言え、ただ並べただけでは商品はなかなか売れません。自分の言葉で書いた説明が欠かせないですし、また説明の仕方によって売り上げが変わってきたりします。

 

また、サービスによっては検索ウィンドウが用意されている場合もあります。この場合は、訪問客が自分で探したいものを見つけられるので、最初に目的のものが見つからなくても、次へつなぐことができます。

 

もうひとつのタイプとして、文字リンクがあります。文字だけのリンクは物足りないと感じる場合もありますが、まともに「商品です、これを売ります」と構えなくても、自然に文章の中に入れていくことが出来ます。そして、意外とこの文字リンクの方が画像リンクよりもクリックされやすいようです。その商品のキャッチフレーズ、商品名、ショップ名など様々な内容がありますので、うまく記事の中に含められればいかにも「広告」と感じられずにすみます。

 

広告バナーというものもあります。形もサイズもいくつかのタイプがあり、その商品(サービス)のキャッチフレーズやイメージ画像で出来ていて、街中での看板と言ったところでしょうか。大抵商品(サービス)のトップページ、もしくはキャンペーンページ(ランディングページ)にリンクされています。

 

また、通常の文字リンクとは別に、メールマガジン用のリンクが用意されている場合もあります。大体1~5行で表現されている広告で、説明と文字リンクで成り立っています。