ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


とにかく書いて覚えるのが早道

2014年08月18日

ブログが書けない。

 

こういう現状は数多くあります。ブログ初心者なら尚更です。どのように記事を書いたらいいのか、わからないまま、ブログを作るだけ作って終わってしまった、そういう人も多いでしょう。

 

これはもう、とにかく、買いて、買いて、書きまくるのが上達への近道です。そして、ネット上にある様々なブログを読むことも大切です。良いと思った記事があれば、コメントを残すことも考えてみましょう。自分にとって何が良かったのか、感謝の気持ちを素直にコメントに書いてみる、これも練習です。

書き方を覚えるために、読むステップも必要になるのです。記事の構成、言葉遣いなど、覚えることはたくさんあります。

そして、必ず自分のブログ記事にも反映させていきましょう。インプットするだけでは、本当に覚えたことにはなりません。アウトプットしてこそ、自分のものになります。

 

勿論、簡単なことではないでしょう。

 

ブログは、勤務地を選ばない、自由な媒体です。今はスマートフォンも普及しており、以前の携帯電話でのモバイル投稿よりもずっと記事を書くことが楽になっています。タブレットもどんどん普及していますね。

これだけ便利なのですから、当然ですがライバルも多くいます。それらに勝つには、とにかく記事を書き続けることが大事です。

 

書くことに慣れてくると、日課のひとつになってくるようになります。書くことが苦にならなくなると、本当に生活の一部として楽しんでブログを構築していけるでしょう。

 

そのためにも、まずは書く。これに尽きます。

簡潔にまとまっているよりは、わかりやすい文章にする

2014年08月15日

簡潔に短い文章でまとめてある記事よりは、わかりやすい文章で書いたほうが、読者は増える傾向にあるようです。

まとまっている文章は、マニアや一部の読者にとっては必要十分な記事になるのですが、その他の多くの読者から見ると、「これは何だろう?」ということになります。

より広く、読者を得たいと思っているのであれば、長くなってもわかりやすい文章のほうが受け入れやすいでしょう。

 

自分のブログの読者のターゲットをどんな人々に設定するのか。

それによって、ブログの記事の書き方も変わってきます。

 

例えば、映画好きな人であれば、映画だけにテーマを絞って同じ監督を中心に展開したりすることもできます。

それはマニアックな話題、例えば監督の趣味の話だったりするかもしれません。映画1つにしても、感想を分かち合うような交流を持つブログに育てることもできるでしょう。

 

マニア向けにするのか、初心者向けにするのか。

それによって、提供する情報も変わってきますが、それは当たり前のことで、その情報によってまた人の輪が生まれるかもしれません。

 

ただし、ブログアフィリエイトの初心者である場合、専門性を高めた所謂「マニア」向けのブログはなかなか書きにくいこともあります。かといって「初心者」向けであっても、どこまで書けるのかわからずに立ち止まってしまう人もいます。

 

結局は、記事によって、マニア向け、初心者向けとバランスを取って記事を構築していく方が、書きやすいようです。

常に、わかりやすい、自分が何に反応したのか、どのように反応したのかがきちんと書いてあるブログは、読者が増えていく傾向にあります。

文字リンクと画像リンク

2014年05月08日

記事の中にリンクを貼るときには、文字リンクと画像(写真)リンクがあります。

 

画像(写真)リンクは、主に商品リンク等のタイプです。直接、商品(サービス)にリンクするので、記事自体も商品ディスプレイのような様子になります。

とは言え、ただ並べただけでは商品はなかなか売れません。自分の言葉で書いた説明が欠かせないですし、また説明の仕方によって売り上げが変わってきたりします。

 

また、サービスによっては検索ウィンドウが用意されている場合もあります。この場合は、訪問客が自分で探したいものを見つけられるので、最初に目的のものが見つからなくても、次へつなぐことができます。

 

もうひとつのタイプとして、文字リンクがあります。文字だけのリンクは物足りないと感じる場合もありますが、まともに「商品です、これを売ります」と構えなくても、自然に文章の中に入れていくことが出来ます。そして、意外とこの文字リンクの方が画像リンクよりもクリックされやすいようです。その商品のキャッチフレーズ、商品名、ショップ名など様々な内容がありますので、うまく記事の中に含められればいかにも「広告」と感じられずにすみます。

 

広告バナーというものもあります。形もサイズもいくつかのタイプがあり、その商品(サービス)のキャッチフレーズやイメージ画像で出来ていて、街中での看板と言ったところでしょうか。大抵商品(サービス)のトップページ、もしくはキャンペーンページ(ランディングページ)にリンクされています。

 

また、通常の文字リンクとは別に、メールマガジン用のリンクが用意されている場合もあります。大体1~5行で表現されている広告で、説明と文字リンクで成り立っています。

書く環境も大事です

2014年04月22日

文章を書こうとするときは、書く環境も大事です。
人によって違うのですが、適当に散らばっていた方が落ち着くという人もいえれば、きっちり部屋の中が整理整頓掃除がされていないとダメという人もいます。

 

どうしても文章が浮かばない、続かないと言う時は、環境を変えてみる事も有効です。
例えば、お気に入りの喫茶店。図書館の自習室、など。

 

また、比較的有効だと言われているのが、「朝、書く」ということです。
朝は、脳が活発に動いている時間帯。逆に、夜は感情的になりやすいです。

私は自分のブログを持っているのですが、夜に書いたものは、後で読み返すと「書き散らしている」と感じられる記事が多くなっていました。
変に感情的になったり。浮き沈みが激しかったり。
勿論、夜じゃないと書けないという人もいるでしょうが、朝の方が頭がしゃっきりしているのは確かです。

 

疲れてきたら一休み。軽く身体を動かすことも良いです。短時間の散歩でも、強張っていた身体が正され、気持ちもすっきりします。
ただ、私もそうなのですが、あまり身体を動かせないという人もいるので、ちょっとだけ動く部分を動かすだけでも、気持ちが変化します。
疲れた身体では、良い案も浮かばないのです。

 

よく言われるのは、頭を使うときには甘いものが良い、ということです。
頭は糖分を使って動きますから、甘いものを補給するのです。
とは言え、甘いものは苦手だと言う人もいるでしょうから、そういう場合は果物で良いです。

 

そういう私は、今、チョコレートをつまみながら、これを書いています。
ダイエットには大敵なのですが、ほどほどにセーブしながら食べています。

 

あと究極なのは、「気分が乗っているときに書く」です。
無理に書こうとしても、文章展開が支離滅裂だったり、誤字脱字が多くなったりします。

疲れたときには休む。そして、気分を整え、環境を整えて書く。
これだけでも、随分と変わってきます。

クリックしてもらえるタイトルと記事

2014年04月21日

記事を書いていくと、だんだん検索エンジンにみとめてもらえるようになりますが、上位表示されてもさっぱりクリックされない、ということも起こります。
せっかく良い記事を書いたのに、タイトルの付け方ひとつだけで訪問客を集められるか、それとも逃してしまうかの分かれ道になることがあります。

 

内容に十分な説明があるかどうか、チェックする

せっかく来てくれた訪問客の欲している答えや必要な情報が書いていなかったら、訪問客はすぐ帰ってしまいます。
内容に必要な情報が十分にあるかどうか、調整します。必要なら、インターネットで検索して、情報を集める事が必要です。

 

必要な情報をタイトルに加える(不要な情報は削除する)

ずらずらと長いタイトルにしても、検索結果には全部入りきりません。
訪問客に呼びかけたいキーワードを使い、余分なところは削除します。

 

ランキング形式は順位をあまり多くしない

よく「A商品とB商品、C商品にはこんな違いがあります」というランキング形式の記事を見かけます。
ランクをつけること自体は悪くないのですが、ランキングにする場合はA、B、Cとも必要な情報を十分集めるようにします。
ただ「Aがお勧めです」と書いても、訪問客には何が優れているのかわかりません。
行動的な人ならば、すべての商品を検索して情報を集める事をするかもしれませんが、大体はその記事の中で確実に理解できる方を選びます。
「わからないなー」となると、そのままページを閉じてしまいます。
また、あまり多くの商品をランキングで並べるのも、お勧めしません。
訪問客を迷わせるような構造にはしないことが大切です。

HTMLのヘッダータグを使う

2014年04月21日

だんだん記事を書くことに慣れてくると、記事の長さも長くなってきますし、途中でちょっと目立たせたいタイトル(章、と言った感じです)があったりしますね。
これを、目立たせることで、記事にメリハリが出ますし、見やすさ、わかりやすさにも一役買ってくれます。

 

これには「HTML」という言語を使います。大抵のブロウには、ビジュアルモード、テキスト(HTML)モードというものが存在しますので、その「テキスト(HTML)モード」を使います。

 

HTMLとは

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)、略記・略称:HTML(エイチティーエムエル)とは、ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語である。文章の中に記述することでさまざまな機能を記述設定することができる。

ウェブの基幹的役割を持つ技術の一つでHTMLでマークアップされたドキュメントはほかのドキュメントへのハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などの高度な表現力を持つ。
-ウィキペディアより

 

HTMLのヘッダーには

<h1>・・・</h1>

<h2>・・・</h2>

<h3>・・・</h3>

<h4>・・・</h4>(すべて半角英文字です)

以下、<h6>まであります。使うのは大抵<h3>です。
SEO的に考えても、<h1>で囲まれたテキストが一番重要視されますし、次に<h2>、<h3>と続きます。

 

<h1>で囲むのはブログ全体のタイトルに使われることが多いので、<h2><h3>をこの記事で試してみます。

 

<h2>で囲まれたテキスト</h2>

<h2>で囲まれたテキスト</h2>

<h3>で囲まれたテキスト</h3>

<h3>で囲まれたテキスト</h3>

 

こんな感じになります。

 

ブログでは、<h2>は記事のタイトルになっていることが多いです。なので、記事内で目立たせようと思うなら<h3>あたりになります。

ちょっとしたコツではありますが、SEOに訴えるキーワードを含める事で、検索エンジンでの判断の材料になり、上位表示への対策のひとつとなります。

記事を書くことに慣れてきたら

2014年04月20日

前回の「記事が書けない!という人へ」では、まずとにもかくにも記事を書こう!という形の記事でした。
今回は「(2)」として、「記事を書くことに慣れて来たよ!という人への記事です。

 

1.タイトルをきちんと書く

 

これ、大事です。コツとしては、初心者の英語を考えるといいと思います。
例えば。

「●●のダイエットサプリを飲んだら半月後には○○になった」

ではいけません。もっと端的なタイトルが良いです。
例えば。

「おすすめ!ダイエットサプリは●●」

こんな感じです。

後の方が、SEO的にも強くなります。最初の例では、何の単語の検索するのかがボケています。後の方では「おすすめ ダイエット サプリ」などでひっかかる可能性が高くなっています。

 

 

2.内容を充実させよう

 

ただ書くだけではなく、内容も吟味するようにします。
簡単に商品を紹介するだけでなく、それを使った感想なども含められるといいと思います。「口コミ」なども参考にできます。
よく「500文字」を目安に、と言われています。そして「自分の言葉で」というところが大事です。

検索エンジンは、個性を大事にしているようです。いくつも同じページがあると検索エンジンの上位に食い込むのはなかなか難しいです。できるだけ、自分の言葉で書くようにすると良いと思います。

検索されてきたキーワードに合う内容というのも大事ですし。そのキーワードで何を求めているかで記事の内容は変わってきます。
1.の例でいえば、検索する人は「ダイエットしたい。効果的なサプリが知りたい」と思っているわけですから、ダイエットサプリの情報が載っていなくては話になりません。「口コミ」などで、サプリランキングみたいなものを作るのも有りです。

情報集めは重要なのです。

 

記事を書くのに慣れてきたら、次は上記2点を考えながら書いてみてください。SEO的にいきなり効果は現れませんが、じわじわと効いていきます。

自分のブログのファンを増やす

2014年04月19日

ブログでアフィリエイトをする場合、当然のことながら「読んでくれる人」=「アクセス数(訪問者数)」が必要です。それには、人の興味を惹くような記事が必要です。逆に言えば、良い記事を書けば、読んでくれる人は増えていきます。

 

呼んでくれる人、つまり、自分のブログの「ファン」です。

 

ファンになってくれた人は、定期的にブログを読みに来てくれます。そこにアフィリエイトの広告があれば、「これ?良さそうだな?」と思ってくれるかもしれません。そして、書くときには「読み手の気持ち」を想像しながら書くことが大事です。読んでみて暗ーく滅入るような話題では、訪問客も途中で投げ出してどこかへ行ってしまうでしょう。せっかくの訪問客の気分を盛り下げるような記事。また来よう、とはきっと思えません。お気楽な記事を書け、というのとはまた違いますが、読み手が満足してくれるような記事を書くことが、その後に繋がります。

 

最初は記事を書くのもなかなか大変です。適当に書いていては、ファンは増えないからです。なかなか成果が上がらなくても、とにかく書き続けることが必要です。

記事を書くときに重要なポイント

2014年04月17日

アフィリエイトの記事を書くときに、重要なポイントがあります。

 

1.充実した情報のあるブログを作る

あるページに検索エンジンから入ってきたとします。
そのページが広告だらけだったら、あなたはどうしますか?
何かを買いたいと思って来たのに、商品の詳細情報もなくあちこちに広告ばかりだったら、すぐに回れ右をしてしまうのではないでしょうか。
これは非常にもったいないです。
ただ「A」という商品を置くだけでなく、できるだけ詳しい説明があると、訪問者も「これはいいかもしれない」と思ってくれます。
内容が薄っぺらにならないよう、充実したページを作ることが大切です。

 

2.アクセス数を確保する

これは、「第5章 SEO」にも関わってきますが、アクセス数が増えれば、それだけアフィリエイトの記事も読んでもらえることになります。
誰も来ないブログでは、どう頑張っても成果は上がりません。
SEO対策は必要ですが、ブログでアフィリエイトをしていくのなら、まずは「毎日更新」を心がけることが大切です。
それだけ情報が集まり、新鮮な情報が載せられているというところも、SEOでは重要なポイントになります。
1日1記事でもかまいません。継続することから始めましょう。

 

3.リピート客を増やす

リピート客、つまり何度も訪れてくれる訪問者を増やすことで、より成果に繋がりやすくなります。
リピート客は、そのブログの「ファン」であり、情報に耳を傾けてくれる人たちです。
それは同時に「信用してもらう」ことでもあります。
適当な記事を書いていては、信用を得る事はできません。しっかりとした土台が必要です。
顔の見えない同士なので、信用はなかなか得られない事もありますが、じっくりと腰を据えてきちんと毎日真面目に更新することで、だんだんと信用してもらえるようになります。

 

4.クリックしてもらう または 購入してもらう

初めてアフィリエイトを始める人に対して、ブログ上で「Google AdSense」を利用することをお勧めしていますが、その場合、まず広告をクリックしてもらうことが大切です。
それは、ブログの記事がわかりやすく書いてあり、「Google AdSense」の広告がよりブログの記事に沿ったものになればなるほど、クリックしてもらいやすくなります。
また、そこから一歩踏み出して、商品を紹介して購入してもらうアフィリエイトを始めた時でも、ページの情報をきちんと整理して、その商品を購入してもらうことが大切になります。

どれも、自分が実際に試してみて、その感想(レビュー)を載せられれば一番良いのですが、すべてを購入することは難しいですね。
ですから、こういうときにはインターネット上で公開されている「口コミ」を頼るのもひとつの手法です。
「口コミ」はその商品を使った人のレビューが集まっているわけですから、良い意見も悪い意見もあります。そのことを踏まえたうえで「これなら紹介できる」と思ったものを「口コミ」を手掛かりに記事にしてみるのです。
ただし、ここで重要なポイントなのが「ただコピーしただけではダメ」ということなのです。
検索エンジンはそれぞれ独立性を保ったページを好みます。
人と同じ内容だと検索エンジンから弾かれてしまうことが多いです。

だからこそ「Google AdSense」を使ってブログでアフィリエイトをする場合は、まずは記事の内容を充実させること、そして広告をクリックしてもらうことが大事になってきます。

記事が書けない!という人へ

2014年04月14日

ブログを作った。さて、これから記事を書いて…。

 

となるのですが、初めてだと「書け」と言われても何を書いたらいいのかわからない、
と言う人も多いかと思います。
最初からうまく書こうと思っても、よほど鋭いひらめきなどを持っていないと
迷うことの方が多いです。
最初は「あれを書こう」「これを書こう」と思っても、
すぐにネタ切れしてしまったりもします。
また、そぅいう人は、だんだん書くことに抵抗を覚えるようになって、
せっかく始めたブログも、そのまま放置となってしまいます。
それでは、あまりにも勿体ない。

 

そこで躓いてしまった人への提案です。

 

1.自分の趣味や得意なことを書こう!
最初から「稼ごう!」と意気込んでも、それをプロとしている人に
敵うわけがありません。
まずは「書くこと」に慣れるために、自分の趣味や得意なことを書いてみましょう。
例えば、「読書」。
こんな本を読みました。感想はこうでした。
こんなところに共感を持ちました。
などです。
これだと、対象となった「本」をお勧めしているわけです。
この記事を読んで、その本を買ってくれる人がいるかもしれません。

 

2.ニュースやテレビショッピングの話題を書こう!
多分、これが一番ネタに困らないかと思います。
日々、いろんなニュースや情報が氾濫しています。
「こういう便利な商品があった」
「こういうときには、これが役に立つ」
そういう記事をブログに書いていくのです。
商品を紹介しているのですから、立派なアフィリエイトです。

 

Google AdSense」を使うときも、
具体的な内容であれば、それに合った情報を表示してくれるわけですから、
より目指す広告が表示されやすくなります。

 

また、「自分が今やっていることを書く」というのも
いいかもしれません。
「料理にはまってます」これでもいいです。
気に入ったレシピ本を紹介してもいいですし、テーブルウェアの紹介もいいです。

 

まずは、記事を書くこと、つまり文章への抵抗力をなくしましょう。
作文は皆さん、学校で習って来ていますから、書けないわけではないはずです。
ただ、どう切り出したらいいのかがわからないだけではないでしょうか。
こればっかりは数をこなすことが必要でしょうから、
とにかく記事を書いてください。
少なくとも1日1記事は書くようにしてください。
そうすると、いつの間にかアフィリエイト記事なんて、
商品を見つけてから、ほんの数分で書けるようになります。