ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


お金をもらうには、やはり努力が必要

2014年08月19日

ブログアフィリエイトで、収入を得ようとするなら、やはり人よりも努力が必要となるのは当然です。

特に、ブログを初めて書く人にとっては、記事を書く時間もばかになりません。1記事書くのに数時間かかってしまうこともあるでしょう。それが、一日の日課となり、自然にブログを書けるようになるには、慣れが必要です。

 

最初はブログを書くための時間を意識的に設ける必要があります。いつも見ているテレビの時間をブログに充てたりしなければならないかもしれません。しかし、そこはしっかり踏ん張りましょう。ただし、背伸びをする必要はありません。自分が書きたいことを書いていくことから始めます。ブログの記事を書くことが楽しい時間になるスタイルを探しましょう。逆に言えば、生活スタイルを変えることによって、苦も無くブログを書く生活が回るようになります。

 

無理をすると、結局長続きしません。続かなくては、その後の収入も得られないことになります。ブログを書く時間が生まれれば、そこに収入の種を植えることができるのです。

 

「ブログアフィリエイトをやってみよう!」と思ったら、まずは記事を書きましょう。そして、続けてみます。継続は力なり、です。

アフィリエイトをやっている人は、誰しも最初から稼げたわけではありません。みんな0円から、読者0人から始まっています。また、ブログを書いていたおかげで、様々な人と繋がりを持つことができ、そこからまた新しいことに発展していくかもしれません。

 

よほどの天才でなければ、努力なくして結果は得られません。ブログアフィリエイトも同じです。簡単に始められるから、簡単に稼げるわけではありません。入口が広いからと言って、出口も広いわけではないのです。

それでも、書くことを続けていれば、何かしら得るものがあるでしょう。それこそが、ブロガーとしての宝になります。

まだ小さいアフィリエイトサイトなら、専門性を高める

2014年08月06日

情報が充実しており、品ぞろえも豊富な王手アフィリエイトサイトと同じ売り方をしているのであれば、王手サイトに敵うわけがありません。既に固定客もいるでしょうし、そういった顧客を奪うのはとても大変ですし、ほぼ不可能と言ってもよいでしょう。

 

ではまだ規模の小さなアフィリエイトサイトの場合は、どのような売り方をすれば良いのでしょうか。

 

1)専門性を高める

 

小さなアフィリエイトサイトの場合、扱う商品に専門性を持たせた方が、ファンが付きやすい傾向にあります。

大きなデパートでは取り扱っていないようなコアなマニアのいる商品などがそれに当たります。また、かさばる商品を専門的に扱うということもできます。

例えば、昆虫採集の中でも「カブトムシ」に焦点を当てることも考えられます。

また、赤ちゃんのいる母親ならば、かさばる紙おむつをまとめて送ってくれるネットショップを探しているかもしれません。

ミネラルウォーターも、重くてかさばる商品です。箱単位で取り扱っていれば、持ち帰るよりも家まで届けてくれたほうが楽です。

 

あそこに行けば、必要なものがそろう。

 

そういう評判になってくれれば、自然とアクセス数も増えていくでしょう。広く浅く、ではなく、狭く深く掘り下げていくほど、コアなファンが付きやすくなります。

 

2)コアな情報で勝負する

 

買い物はついで、と位置づけ、最初からコアな情報で勝負することも良い方法です。

この場合はまず情報ありきで、採取的には「この人が紹介している商品なら確実だ」というところまで持っていくことが目標です。

コアなファンができれば、それだけ人も寄ってくるようになります。ファンが付き、評判や信用度が上がるにつれて、小品の売り上げも上がっていくでしょう。

 

このコアな情報は、専門店でならではの情報です。小さなアフィリエイトサイトが勝負する部隊に選ぶのなら、情報サイトを主にして、買い物は事のついでとする方法もあるのです。

 

アフィリエイトで収入を得るアフィリエイトブログを作るのなら、そのブログを専門店にしてみてください。どんなに小さなテーマでも問題ありません。「この商品(情報)についてはここに来れば絶対に揃う」と言えるほど心構えで勝負しましょう。

アフィリエイト報酬に変化が出ると思います。

アフィリエイトが失敗する大きな原因

2014年08月05日

アフィリエイトは、無料で簡単に始められる、というイメージが強く、誰でも「ちょっとやってみようか」と思い立てばすぐに始めることができます。しかし、実際に収益をあげられるようになる成功者は少ないのが現状です。なぜ、アフィリエイトは失敗するのでしょうか。

 

1)一番の大きな原因は「継続」していないこと

 

アフィリエイトを始めた → 1か月しても1円も稼げなかった → アフィリエイトは稼げないから止めた。

 

この公式に当てはまる人は多いのではないでしょうか。アフィリエイトは本当に稼げないと思いますか? いいえ、きちんと作業していれば稼げるようになります。そのために必要な一番大きな要素は「継続する」ことです。

 

アフィリエイトを成功させるには、いろいろな要因がありますが、何をおいてもまず必要なのは「継続」することなのです。稼げるようになるには、ある程度時間がかかりますし、アフィリエイトブログを育てながらじっくりと取り組む必要があります。ブログが軌道に乗る前に諦めてしまう人が多いため、「アフィリエイトは稼げない」となってしまうわけです。

 

では、なぜ「継続」が難しいのでしょうか。

 

2)継続できない原因:報酬が上がらない

 

アフィリエイトを始めたけれど、一向に稼げない。1か月たっても1円も稼げない。

 

これは確かにモチベーションを下げる原因の大きな要因のひとつです。稼げないから更新作業も止まり、放置ブログとなり、最終的には削除されてしまう。この経緯を辿ってアフィリエイトを諦めてしまう人は多いです。

 

しかし、アフィリエイトは自分のブログを見てもらい、そこから広告をクリックされて成果を上げることで報酬を得る仕組みです。どうやってネットのユーザーが自分のブログにやってくるのかを考えてみましょう。

 

自分が何かを探す時に、まず起こす行動は何でしょうか。そう、検索エンジンでキーワードを入力して情報を得ようとするでしょう。つまり、アフィリエイトブログも同じで、検索エンジンの検索結果に表示されなければ、誰もやってこられないのです。

作ったばかりのブログは、検索エンジンに登録(インデックス)されていません。登録されるまでにはある程度の時間がかかります。検索エンジンに登録されていないうちから「訪問客が来ない」と嘆いても、それは当然の結果なのであって、アフィリエイトが成功する、失敗する以前の問題です。

 

作成したブログが検索エンジンに登録するまでは、とにかく更新し続けることが必要です。そして、いつ訪問客が来ても良いように、丁寧に記事を書いていきましょう。

 

検索エンジンに登録されたかどうかは、自分のブログのタイトル名で検索してみるとわかります。ブログタイトルで検索して、自分のブログが表示されれば既に登録されていますし、表示されなければ登録されていない状態です。

 

また、広告バナーがきちんと機能しているかどうかも気を付けましょう。せっかく広告をクリックしてくれたのに、報酬が発生していないというのは、本当に勿体ないです。

 

3)継続できない原因:アクセス数が上がらない

 

アフィリエイトブログを始めて何よりも嬉しいのは訪問客が来てくれることでしょう。これはアフィリエイトブログだけに限らず、自分の趣味サイトや日記ブログなどでも同じです。

 

アフィリエイトブログは、どんなに良いブログでも、貴重な情報が載っていても、アクセス数がなければ成果は上がりません。

カウンターは回っている、けれどさっぱり成果が出ない場合にアクセス解析を入れてみたら、そのアクセスのほとんどは自分だった、ということもよくあります。

どんなお店もそうですが、繁華街の一等地にお店を構えれば「ここはどんなお店だろう?」と訪問客がやってくるかもしれません。しかし、現実問題として、作ったばかりのお店は最初から一等地での運営はできないでしょうし、それはブログでも同様です。

 

作ったばかりのブログは、まだ検索エンジンに登録されていないのです。砂漠のど真ん中にあるようなものです。端っこでも良いので、せめてオアシスの一画に入れなければ、人は来ないでしょう。

 

検索エンジンへの登録は済んでいますか? アクセス解析を導入していますか?

 

自分のブログが検索されるキーワードは重要なポイントです。意図したキーワードで訪問客が来るように調整していかなければ、いつまでたってもアクセス数は増えません。

アクセス解析は、アクセス数の他にも、検索キーワード、どのサイトから訪問者が来ているのか、リピーター率など、多くの情報を得ることができます。これらの情報を解析すれば、アクセス数増加に役立つに違いありません。

 

広告をクリックしてもらうための上手な方法

2014年08月04日

最近では、ユーザーもアフィリエイトの広告について敏感になり、広告を避けてサイトを閲覧するようになってきています。

そのため、広告をたくさん貼り付けたページは開いたとたんに閉じてしまわれたりするのです。

 

1)アフィリエイト広告と訪問者の気持ち

 

あるキーワードで検索し、気になったサイトに訪れたとして、そのページの一番上にでかでかと大きな広告バナーが貼ってあったとします。

この広告をクリックするでしょうか。

 

よほど気になった広告でない限りは、視線はスルーしてしまいます。

 

近頃、どのサイトへ行ってもアフィリエイト広告が貼られているようになり、訪問客としても必要ない広告は素通りするようになり、広告に慣れてきた感じがあります。また、アフィリエイト広告も巧妙になってきており、間違ってクリックしてしまった、ということもあるのではないでしょうか。

要するに、訪問客としては無意識に広告やリンクをクリックしないように鍛えられてきています。

 

そうは言っても、本当に有益な情報であれば、訪問客もクリックします。貼り方を調節することも必要ですが、訪問客の心理状態を知っておくことも必要でしょう。

 

2)訪問客に興味を持ってもらえる広告の貼り方

 

まず第一歩として、訪問客は広告を嫌う、ということを頭に入れておきましょう。

そうはいっても、自分が作ったアフィリエイトブログを好きになってくれた訪問客は、自然と広告にも目を止めてくれるものです。自分のブログのファンを作ることが大事ですね。

 

広告を見た人は、「この画像は広告だな、それなら自分で検索して買おう!」と思う人もいるでしょう。それは悪意からではなく、自分で検索して商品を比較したい、という気持ちの表れかもしれません。

 

訪問者に関心を持ってもらい、感謝されるような記事を書きためていけば、自然とファンも増えてきます。ファンが増えれば、リピーターも増え、彼らは広告をクリックしてくれるでしょうし、そうすれば良い循環を生むということになります。

アフィリエイトで失敗の人、成功の人

2014年04月10日

ブログでアフィリエイトを行う場合、よく失敗失敗してしまうのが、

「途中で動かなくなる人」

です。
記事は定期的に書き込むことが重要ですが、
なかなか成果が上がらないと、

本当に儲かるのか?
アフィリエイトは稼げないと投げ出す

という人たちが出てきます。
アフィリエイトはいきなり最初から稼げるものではありません。
誰でも最初は失敗するものです。諦めずに続けましょう。

 

また、以下のようなパターンもあります。

ブログを作ったが、稼げていない
ブログすら作成せずに、頭の中で考えてしまう

ブログでアフィリエイトをするには、
何を置いても、ブログを作成しなければ始まりません。
まずは、行動することが大切です。
そういった意味では、「ブログを作ったが、稼げていない」人の方が

より成功に近いでしょう。

 

よく、ビジネスでは「PDCA」という業務プロセスが取り上げられます。
Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Action(改善)
の頭文字をとった言葉ですが、これもアフィリエイトに活用できるでしょう。
最初のうちのP(計画)は失敗が多いと思いますが、
何をさておきDo(実行)し、結果をCheck(検証)し、
そこからAction(改善)していくのです。
それを踏まえて言えば

目標が定まっていない人

この人たちも、失敗する人達に含まれます。
ゴールが見えていないと、何を計画し、実行していくのかが
定まりません。
当然ですが、検証すべき結果もでず、改善もできません。

 

では、成功する人はどうでしょうか。

アフィリエイトに成功する人は、更に高いゴールを持っています。
そのため、向上心もいっぱい持っています。
最初から結果が出ないからと言って投げ出さず、
忍耐力を持って行動していく力があります。

最初は誰でも失敗するばかりだったでしょうが、
作業を投げ出さずに、こつこつと作業をしていった結果が
「成功した人」になるのです。

最初から稼げないと決めつけないこと。
まず、何をさておいても行動すること。
そして、失敗をリスクと考えずに、成長の糧であると捉えること。

これだけで、アフィリエイトの成功率はぐっと高くなります。

 

ご紹介した「Google AdSense」は、
自分が書いた記事に合う広告を、自動的に表示してくれます。
ですから、とにかく記事を書いて行けば、広告もどんどん増えていきます。

行動することが大事です。
ブログを作ったら、記事を投稿することから始めましょう。
Excel for counting 1000 bills Our list below includes add batch mode and self-examination functions along with add bills can count and start stop and pressed flat
This makes it works quietly by four AA batteries if necessary and sort bills on a cumulative total number of cash or different types of this money counter can only count if necessary and counterfeit bills per minute And it ideal for easy to researching testing and British Pound The straight bill count
Select the machine has a beep and magnetic sensors to six continuous hours counting needs at 086 pounds is displayed on your budget and effort The Cassida 6600 Business Grade Currency Counter efficiently counts 1000 bills It doesn’t calculate amazon money counter machine total ensuring no added flash: it works quietly by using ultraviolet and retractable