ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


タイトルにキーワードを含める

2014年09月01日

ページタイトルとは?

 

ページタイトルは、HTMLファイルの<head>タグ内にある<tatle>○○</title>のように<title>タグで囲まれた「○○」の部分です。

ページタイトルは、ブラウザのタブや、お気に入りに登録した際のタイトルに使用されます。そして、何より大切なのは、「検索結果のタイトルとして表示される」ということです。

そのページを示すもっとも重要な要素なので、タイトルには必ずキーワードを含めることを忘れないようにします。

 

 

実践の手順とポイント

 

タイトルに含めるキーワードが決まっていなければ、SEO対策を行うことができません。そのページを表すのに、もっとも適切なキーワードをきちんと吟味して決めましょう。ブランド名、商品名、サービス名などはキーワードになります。サイト全体を示すキーワードがあるなら、そのキーワードもページのタイトルに含めます。上位ページから下位ページまで、ページ固有タイトルとサイト全体のタイトルを併用するようにキーワードを設定します。

 

しかし、ただキーワードを含めればいいというわけでもありません。タイトルの中に5回も6回も登場するようでは、明らかにやりすぎです。ではいくつならいいのか、ということに関しては、だいたい1~1.5回と平均値では言われていることもあるので、1回、多くても2回にとどめておいた方が良いでしょう。

 

ひとつの目安として、「人が読んで不自然でない程度」と言われています。SEO対策にこだわってキーワードのことしか考えていないと、人が読んで「魅力的な文章であること」から外れてしまうこともあります。検索エンジンは進化し続けていて、より人が見た時と同じに考えるように改良されてきています。人が読んで不自然でないか、魅力的であるかは、大切な要素ですので、忘れないようにしてください。

 

SEOが認識されるようになってから、タイトルにキーワードを羅列する傾向があることも確かです。しかし、SEOはあくまでもユーザーを呼ぶための施策です。できるならば、タイトルには内容をしっかり表すキーワードをひとつ使い、生きたユーザーを呼び込むようにしましょう。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: