ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


記事の文字数とキーワードの出現率

2014年09月03日

文字数とは

 

ずばり、記事の文字数そのものです。SEO対策としては、最低でも500文字以上必要だと言われています。あまり少ない内容だと、中身も薄いと検索エンジンに認識されるからです。検索エンジンの上位に表示されるサイトは、この文字数が多く、十分な情報を発信している傾向があります。

 

 

キーワード出現率とは

 

そのページ内の文字数に対し、キーワードがいくつ含まれているかです。タイトルに「テーブル」とあるのに、本文に「テーブル」というキーワードがまったく入っていなかったりすると、検索エンジンはそのページを「テーブル」に関する記事だと判断しずらくなります。

 

本文中に1回以上のキーワードは入れるべきです。検索エンジンにとって、本文が必要十分な情報量を持ち、重要な検索キーワードが含まれていることは、タイトルと同様に検索結果への判断基準として非常に大切なことです。

 

 

内部対策としての文字数とキーワード出現率

 

文字数は、最低でも500文字以上が望ましいでしょう。

とはいえ、500文字にこだわり過ぎて、日本語として不自然な文章となってはいけません。ひとつの目安として考えてください。検索エンジンで上位に表示されるページは、そのキーワードに対する必要十分な文字数を持っています。

 

キーワードは、本文中に何回か使用します。こちらも日本語として不自然な使用ではいけません。読みやすく、魅力的な文章を心がけながら、必要な部分にキーワードを散りばめます。検索上位のサイトのページを見て、研究するのも良いかと思います。

 

また、キーワードの出現率の傾向として、文字数が少なければ出現率が高く、文字数が多ければ出現率が低くなる傾向があります。ケースに応じて、調整するようにしてください。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: