ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


提携前に広告主のサイトや広告(画像、テキスト)をチェック

2014年07月07日

プログラムを選ぶときに、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)などから紹介されている条件画面だけ見て提携をしていませんか? それでは、せっかくのアフィリエイトが失敗に終わってしまう場合もあります。

提携を申し込む前に、必ず広告主のサイトや広告画像、広告テキストをチェックするべきです!

 

1)広告主のサイトはコンバージョン率を大きく左右する!

せっかく訪問客を多く導いても、なかなか買い物等の成果行動に繋げられない場合があります。コンバージョン率は1~3%が一般的ですが、適切な紹介文、適切な訪問客を送り込んでいる場合は、コンバージョン率はもっと上がります。逆に0.1%を割り込むようであるなら、広告主のサイトをチェックしてみる必要があります。

勿論、アフィリエイター側で訪問客をだましていない、適切な広告を行っている場合のは無しです。同じように紹介していて、広告主によってコンバージョン率が著しく変わる場合は、広告主のサイトに原因があるのかもしれません。

 

2)見たいページへの移動のしやすさが決めて!

サイトの良し悪しの話になると、初心者ほど「見た目の美しさ」=「デコレーションが盛りだくさん」と意識が向きます。しかし、アフィリエイトサイトにおいて一番重要なのは「すぐに見たい情報を見つけられか」と「見たいページに移動しやすいか」にあるのです。

例えば、ショッピングサイトであれば、ショッピングカートの位置。せっかく購買意欲の高いお客を送り込んでも、ショッピングカートが見つからない、ページが長すぎたり大きな写真ばかりがずらずら並ぶ、何度も何度もスクロールして、やっとショッピングカートにたどり着く、このようなサイトでは、コンバージョン率が一気に下がります。

また、商品によっては、サイズ違い、色違いなどが豊富にある場合もあり、この時の案内が適切でないと、これもコンバージョン率が極端に低くなります。

送料や支払い方法も、訪問客が知りたがる情報です。これらもすぐに見つかる位置にあることが必要です。「送料について」というページがあるのが一番良いです。「初めての人へ」と言ったページにあったりすると、「送料がわからない!」と訪問客が帰ってしまうことも増えてしまうでしょう。

また、どのページからでも、サイトトップに一発で戻れるリンクがあることもチェックしましょう。「何を扱っているサイトだろうか」と訪問客は一度はサイトトップへ行くことが多いからです。

 

3)サイトの目的、特徴、運営者が明確かは要チェック!

商品を購入するためのサイトであれば、販売目的であるサイトであることはすぐにわかります。ただ、そのショップの特徴がわかりにくいショップがあることも確かです。安さが売りなのか、厳選商品勝負なのか、など特徴をきちんと伝えているショップはコンバージョン率が上がります。

また、サイトの運営者の情報も重要です。大企業であるか、個人ショップなのかといった単純な情報から信頼感を得やすい人柄もわかるような情報があると信頼感が違います。

特に、初めての訪問者であればサイトの信頼性を見るのに、運営者の情報をチェックするために、ショップのサイトトップを見ることが多いのです。そこから基本的な情報が得られるページへのリンクがきちんと貼られているかどうか。ここはチェックをきちんとしましょう。

 

4)広告原稿の良し悪しもチェック!

基本的に、アフィリエイトは広告主が用意した広告原稿、つまりアフィリエイトリンクを使わなければいけません。多くのASPで提携前に広告は見られるようになっていますので、チェックすると良いでしょう。

チェックポイントのひとつは、広告原稿の種類の多さです。そして、商品を売るショップであれば、商品リンクが作れることもチェックポイントです。商品リンクとは、ひとつひとつの商品ページに直接飛べるリンクのことです。これは、現在では必要不可欠ですので、商品リンクが許可されているかもしっかりチェックしましょう。

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: