ブログで副収入を得る方法を完全公開!

管理人

avatar

ブログマイスター:TOMO

⇒詳しいプロフィール

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


HTMLのヘッダータグを使う

2014年04月21日

だんだん記事を書くことに慣れてくると、記事の長さも長くなってきますし、途中でちょっと目立たせたいタイトル(章、と言った感じです)があったりしますね。
これを、目立たせることで、記事にメリハリが出ますし、見やすさ、わかりやすさにも一役買ってくれます。

 

これには「HTML」という言語を使います。大抵のブロウには、ビジュアルモード、テキスト(HTML)モードというものが存在しますので、その「テキスト(HTML)モード」を使います。

 

HTMLとは

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)、略記・略称:HTML(エイチティーエムエル)とは、ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語である。文章の中に記述することでさまざまな機能を記述設定することができる。

ウェブの基幹的役割を持つ技術の一つでHTMLでマークアップされたドキュメントはほかのドキュメントへのハイパーリンクを設定できるハイパーテキストであり、画像・リスト・表などの高度な表現力を持つ。
-ウィキペディアより

 

HTMLのヘッダーには

<h1>・・・</h1>

<h2>・・・</h2>

<h3>・・・</h3>

<h4>・・・</h4>(すべて半角英文字です)

以下、<h6>まであります。使うのは大抵<h3>です。
SEO的に考えても、<h1>で囲まれたテキストが一番重要視されますし、次に<h2>、<h3>と続きます。

 

<h1>で囲むのはブログ全体のタイトルに使われることが多いので、<h2><h3>をこの記事で試してみます。

 

<h2>で囲まれたテキスト</h2>

<h2>で囲まれたテキスト</h2>

<h3>で囲まれたテキスト</h3>

<h3>で囲まれたテキスト</h3>

 

こんな感じになります。

 

ブログでは、<h2>は記事のタイトルになっていることが多いです。なので、記事内で目立たせようと思うなら<h3>あたりになります。

ちょっとしたコツではありますが、SEOに訴えるキーワードを含める事で、検索エンジンでの判断の材料になり、上位表示への対策のひとつとなります。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: